ボディーの凹みには査定前にお金を掛けない方が良い

ボディーの凹みがあると本当に車のイメージが損なわれてしまいます。

キズなら目立たなくしたりできるのですが、

凹みは遠くからでも目立ってしまい車のイメージダウンになってしまいます。

ですから査定前に凹みがあれば、

大幅な査定ダウンを心配して修理しようかと考える方も多いようです。

でも、この場合の正解は、修理しないで査定に出した方がお得ということになります。

査定前に凹みを修理すれば確かに査定額はアップします。

問題はそのアップ額が凹みの修理代をカバーできないということです。

たとえば、5万円掛けて凹みを修理しても査定額が2万円しか上がらなければ3万円の損になりますよね。

査定前にボディーの修理をしても、ほとんどの場合こういう結果になります。


※車の査定でマイナスになるポイントはボディーのキズ、凹みの他にもいろいろあります。
詳しくはコチラで⇒マイナス評価になるポイント


なぜ修理しない方がお得なのか

こんなことになる原因は、一般価格と業者価格の違いだといわれています。

一般人が修理工場などで凹みを修理する費用よりも、はるかに安い費用で業者は修理してしまうのです。

凹みによる査定の減点は、業界の修理費用のベースで行われますので、オーナーが修理してもその修理費をカバーできる査定アップにはならないというわけです。

逆に言えば、凹みがある時の査定額の減は、一般の人の場合の修理費より小さくなるということになりますね。


ボディーの大きいキズも修理しない方がよい

言うまでもないかも知れませんが、ボディーのキズについても全く同じことになります。

査定前に修理しても修理費を回収できる査定額のアップは期待できません。

自分で修理できる小さなキズなら査定前にきれいにした方がいいでしょうが、

修理代のかかるような大きいキズはそのまま査定に出すのが正解です。


※閑話休題・・・車のお話
車の購入にあたってオートローンとカードオートローンの両方を利用している人もいるかもしれません。
カードローンは気軽で便利ですが金利については注意が必要です。


このページの先頭へ